家

蜂の退治なら専門に任せる【プロが徹底駆除を行なってくれる】

夏場の作業が危険

女性

日本では16種類のスズメバチが存在しています。この蜂の内には、低い平地で過ごしているスズメバチも存在します。そのため、夏場になって庭の手入れを行なっているときにスズメバチに刺されてしまう被害に合う人もいます。スズメバチの中では古い木の隙間に巣を作っているケースもあります。そのため、庭の手入れを行なっている最中に刺されてしまう人も少なくないのです。蜂の活動が活発になるのは、9月から11月頃になります。この時期に巣の中にいる蜂が数百に増えると考えられています。巣を刺激して蜂に刺されてしまうと1匹や2匹だけに刺されてしまう問題ではなくなってしまいます。これらを避けたいのであれば、庭の手入れを行なうまえに蜂退治業者に一度確認してもらうことが一番でしょう。蜂の退治を行なっている業者であれば、蜂が生息しているポイントを抑えているので念入りにチェックを行なってくれます。これで以上がなければ、庭の手入れを始めることができます。安全に庭の手入れを行ないたいのであれば、安全確認することを覚えておきましょう。

蜂の退治を行なっている業者の中では、安全サポートを行なっているところがあります。駆除の業者が作業を終わったあとに再び巣を作る作業を行なっていたら、無料で行なってくれるサービスになります。このようなサービスがあるので、気軽に依頼することが可能なのです。業者によっては、依頼者が万が一刺されたときの保険に加入しているところもあるので、業者に問い合わせで確認しておくようにしましょう。